どうしてもできてしまうにきびの黒ずみの治し方!

にきびはいくつになっても嫌なものですが、大人になってもストレスや生活習慣の乱れ、体質などから治ってもすぐにできてしまうという方がたくさんいらっしゃいます。しかも、自分では潰すつもりはなくても布団や服が擦れてにきびを潰してしまい、跡になって黒ずみが起きるということもあるでしょう。

 

色素沈着を起こしてできた黒ずみは、長い時間をかければ薄くさせることは可能ですし、「できればあまりお金と時間はかけたくない」という方にもおすすめの方法なので、是非チャレンジしてみてください。

 

皮膚科や美容専門のクリニックでも行われているケミカルピーリングはご存知でしょうか。これが自力でもかなり薄くさせることができる治し方で、ピーリング剤はドラッグストアやネット通販からでも手ごろな価格で購入することができます。

 

古い角質を剥がして、肌のターンオーバーを促し、ずっと続けていると軽く色素沈着した肌ならきれいない元の肌色に戻っていきます。
しかし、ピーリング剤は刺激があるので、週に一度だけで大丈夫ですし、行った後は保湿と紫外線対策をしっかりしておくことが肝心です。なるべく日焼けをしないように、出かけない日や夜にするようにしましょう。

 

それでも治せなかった時や、黒ずみがひどい時は、皮膚科や美容クリニックを受診し、自分の肌の状態にぴったり合った治療を受けるようにしてください。黒ずみを改善させるのは、気付いてからなるべく早く対処することが大事です。長く続けていき、きれいな肌に戻しましょう。